けんきの滴効果的な使用方法

木酢液けんきの滴、効果的な使用方法をピックアップ

けんきの滴の使用方法を大きく上げると2つあります。

 

@けんきの滴をお風呂にいれて混ぜて使う

 

Aけんきの滴を直接水いぼに塗る

 

この2つです!

 

ではこのけんきの滴の効率的な使用方法とはなにかという本題に解説してみたいと思います。

 

けんきの滴を水いぼに直接ぬる

 

直接塗るといってもけんきの滴の効果は原液のままでの効果はかなり強烈です!(ニオイもも強烈です!)

 

原液のまま水いぼに塗ると肌が荒れてかゆみが出てしまう可能性もあります。

 

なのでまず水で何倍かに薄める必要があります。

 

けんきの滴を水で何倍に薄めるか?

 

最も水いぼに効果があって肌に良いと感じた割合は5〜10倍くらいにけんきの滴を薄めたときでした。

 

ニオイが気になる人は20倍〜30倍くらいでも良いと思いますが、その薄めたぶん効果はやはり弱まります。

 

また5〜10倍に水で薄めてみて肌にしみて痛いと感じる人もやはり20倍〜に水で薄めて使った方が良いと思います。

 

水いぼにけんきの滴を直接塗るタイミング

お風呂上りは効果抜群です!肌が柔らかくなっていて、水いぼに浸透しやすいからです。

 

その他にも、1日2、3回、合計で3、4回水いぼに塗ってあげると効果的でしょう!

 

水いぼにけんきの滴を塗る方法

これは様々な方法があります。

 

水で薄めたけんきの滴をめん棒で水いぼに塗る。

 

ガーゼに染み込ませ、水いぼ幹部に張って30分くらいしたらはがす!

 

水で薄めたけんきの滴を霧吹きスプレーで水いぼ幹部に吹きかける。

 

上の方法全て水いぼに対して効果はありましたが、最もけんきの滴の効果を感じられたのはガーゼに染み込ませて30分くらいしたらはがす方法です。

 

人によってはけんきの滴を水で薄めた倍率によって痛がりますので、自分にあった倍率を探してから試してみるのが良いと思います。

 

けんきの滴をお風呂に入れる

 

これに関しては説明書にも記載されていますが、けんきの滴のキャップを使用し、けんきの滴の原液を2杯〜3杯湯船にいれてかき混ぜて使用するという方法になります。

 

そのままの使用方法で抜群の効果が見込めますし、感染予防効果も期待できます。