ステロイドが入った治療薬をおすすめしないわけ

医師から処方される治療薬、ステロイドをおすすめしない理由

まずステロイドとは何かと言うと、病院に行った際に水いぼに効くとして処方される塗り薬です。

 

ちなみにこのステロイド、その効能として炎症やかゆみを抑えるといった役割があるといわれています。

ステロイド副作用はどのようなものがあるのか?

ステロイド使用は危険副作用あり

 

なぜステロイドをおすすめしたくないかというと、それは副作用の恐れがあるからです。
さらに言えばその恐れが、それなりの確率で起こるということからです。

 

その理由を挙げますと、ステロイドの薬自体が強すぎて、人間の皮膚がその効果の強さに負けてしまうのが原因とされています!

 

では、実際に起こりえる副作用を記載してみましょう。

 

副作用
・塗った箇所だけ多毛になる。

 

・皮膚が萎縮して塗った部分だけ皮膚が薄くなる

 

・塗った場所が赤くなる

 

・塗った部分の皮膚の色素脱失 (その箇所だけ他の肌の色と見えるレベルで薄くなる)

 

・副腎の機能が低下し自然治癒力が低下する

 

・塗った箇所に吹き出物ができる

 

・塗り薬にかぶれる

 

・毛細血管が拡張

 

・湿疹・角化症様

 

・水いぼのさらなる悪化を誘発する。(さらに、水虫、カンジタ、尋常性疣贅、かい癬なども誘発する可能性がある)

 

 

またステロイド使用注意事項として、
ステロイドを使っていた期間が長くなるほど、使うのを止めた時の副作用が強く現れやすいと言われています。

 

さらに私がかかったお医者さんが実際に言ったいたことになりますが、『ステロイドはあくまで対処療法と呼ばれるものであり、根本的な原因が治るわけではない』 (簡潔に言うと、一時しのぎだよってことですね。)

 

とのことでした! 一瞬、は?と思いましたが、実際それが病院で処方される水いぼ治療薬の現実みたいです。

 

ステロイドを使って治る人もいるかとは思いますが、わざわざ病院に行く時間、行ってから待つ時間をさいて、さらにはそれなりのお金を払って、後遺症が残るかもしれないリスクをおかして、それでいて治らないかもしれない、そこまでしてステロイドをつけたがる人は中々いないと思います。

 

なので当サイトではステロイドはおすすめしておりません。